ブログのビジネス活用の際の記事内容の統一性について

今回は『ビジネス活用の際のブログの内容と統一』についてです。

個人的にはブログですから何でも書いても良いんじゃない?と思うのですが、実際にただの日記ならそれでも良いとは思いますが、これがビジネスブログの場合は少し考え方を変えなければいけないのかな?と思います。

ブログの内容を統一した方が良い理由

  1. Googleの理念から好まれるブログを逆算すれば答えが出る?
  2. ユーザーが情報を見つけやすい。
  3. 本当に来てほしい方が訪れる。

Googleの理念から好まれるブログを逆算すれば答えが出る?

検索エンジンのGoogleは自社の理念に以下のようなことが書かれています。今回ブログを考える上で、重要と思われる2つをピックアップしました。

・ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

・1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

↑Google が掲げる 10 の事実より引用

ビジネスブログにおいては、上記の2つが非常に重要な要素なのかなと思います。

専門性を持ってひとつのことをやっていることを良しとしていることがGoogleの理念から伺えます。

実際に私達もあれもこれもやることは難しいです。

そういう意味でも1つのことに焦点を絞るということは非常に大切なことのように感じます。

2.ユーザーが情報を見つけやすい

それにテーマがぼやけていると、ユーザーが情報を探しに来た際に、どこにどんな情報があるかを見つけることが容易ではなくなります。

つまり記事が埋もれてしまうということです。

テーマに統一性がないと、折角書いた記事が読まれずに放置されることが多々あります。

また、いろんな情報が混在していると『この人(会社)は何でも屋か?』と思われてしまいます。

本当は相当な実力があってもです。

ですので情報は『まとまっていた方が読まれる』ということを考慮に入れておいた方が良いように思います。

3.本当に来てほしい方が訪れる。

正直なところ、小規模な事業者のビジネスブログには何万ページビューというアクセス数は必要ないように思います。

よくアクセス数やページビュー数を増やすために無駄な情報を増やしたり、人の気持ちを煽ったり、SNSで無駄な拡散を狙ったりという手法をする人がいますが、長い目で見れば、百害あって一利なしです。

それよりも大事なことは、自社の商品やサービスを本当に利用したいと思う人をいかにして呼んで来るかということです。

一人のアクセスでもその人が興味を持ち、成約すればそれで良いと思います。

そのためにはテーマを絞り、詳しく丁寧に説明していくことが大切だと思います。

ブログの目的を明確にする

ブログは書くことの理由を明確にしないとなかなか続けられません。

とても時間のかかる作業でもありますからね。

そして実際に、ほとんどの場合、『思ったほどアクセス数が伸びなかった』で終わってしまいます。

でも本当はブログとは手段であって目的ではありません。

アクセス数を増やすためだけの手段ではなくて、そもそもどうしてブログを書くのかを明確にすることは大変重要です。

そうじゃないと途中で投げ出してしまうことは最初から決定したようなものです。

まあ、こんな理想論はあまり好かれないですけどね・・・。

実際にブログを意気盛んに始めて長く続いている人はごく僅かです。

本当の実力をつけるにはショートカットではなくて地道な努力は欠かせないと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする