オウンドメディアとブログの違いって何なのか?

インターネットの記事を読んでいると、オウンドメディアという言葉をたまに目にします。

日常生活で耳にすることはまずありません(笑)

正直、私はこのような『業界用語』があんまり好きじゃないです。

業界人じゃない人にはわかりにくいように思います。

IT業界の人はやたらと横文字が好きなのか?と思ってしまいます。

オウンドメディアって何?

自社が運営・発信するものを『オウンドメディア』と言うそうです。

少なくとも検索すると大抵の方がそのように書かれています。

個人が日記を書いているだけの場合は『オウンドメディアとは呼ばない』と書かれている記事も見かけます。

でも、個人的には自分がメディアと思っていれば立派な『オウンドメディア』だと思うんですよね。

私はこのブログの他にも個人でブログを運営していますが、個人の日記のような記事でも、色んなお問い合わせやコメントを頂くことがあります。中には本の著者から献本して頂いたこともあります。

ですので、別に『自社(営利目的)が運営するメディア』などと限定しなくても良いんじゃない?と思うんですよね。いつからそう呼び出したのか知りませんが。

Ownというのは英語の授業で習ったように『所有』するという意味がありますが、Owned Mediaつまり、直訳すると、『自分所有のメディア』ということになります。

ということは、自分で運営していれば個人だろうがなんだろうが、立派なメディアということになりますね。

ちなみにリスティング広告のようなものを『ペイドメディア』と呼ぶそうです。Payed Mediaつまり、直訳すると、『お金を使ってお客さんを呼び込むメディア』というような位置づけでしょうか。

ブログは『自分発信型メディア』としては最高

個人的には、ブログは以下の理由で自己(自社)発信メディアとしては最高だと実は思っています。

あえてオウンドメディアと呼ばないところが私の頑固なところです

ブログが自分メディアして優れているというところは以下のようなことです。

  1. 記事が蓄積され、時間が経っても見つけられる(検索される)
  2. ツイッターなどの短い言葉よりもブログの方が伝わりやすい
  3. SNSのように余計な気を使わなくてよい

1.記事が蓄積され時間が経っても見つけられる

ツイッターやFacebookの場合は、書いた記事がサイトに蓄積されない(流れる)ので、後で検索してもなかなかヒットしません(少なくとも通常のグーグル検索では)。

しかしブログの場合は、ある程度古い記事でも自分・自社のレンタルサーバーに保存されます。

(無料ブログの場合は無料ブログサービスプロバイダーに保管されます)

グーグルなどの検索エンジンは世界中の記事を絶えず巡回し、検索結果に反映させるようにしています。

つまり、検索サイトで検索すれば自分が書いた記事も見つけられるということです。

過去に書いた記事でも、数年後にも検索されることもあります。

つまり蓄積・再活用が可能なメディアと言えます。

(ただし最近はかなり古い記事は上位に表示されなくなりつつあります)

2.ツイッターなどの短い言葉よりもブログの方が伝わりやすい

二つ目は、ブログの方が深い内容や詳しいことを伝えやすいという点が挙げられます。

ツイッターやフェイスブックに長文は不向きです。

ブログは自社の想いや自分の考えを伝えるのには一番都合の良いメディアです。

ブログはじっくり読んでもらうには最適ですので、専門分野で勝負したい方などには向いています。

実際にそういう記事を読んだ方から問い合わせを受けるケースも少なくありません。

つまり、じっくりファンを増やし、アクションをしてもらうには良いメディアだと言えます。

3.SNSのように余計な気を使わなくて良い

フェイスブックなどのSNSは個人間の繋がりを大切にするのに役に立ちます。

しかし、個人的にはちょっと距離感が近すぎるかな?と思います。

よくフェイスブック上に、どこかにご飯を食べに行ったという記事を見かけますが、毎回コメントや『いいね』をしなければいけないのも正直面倒です。

それに会社のSNSアカウントなら良いですが、個人のSNSを利用するなら仕事とプライベートは分けたいものです。個人のSNSで仕事を持ち出すと嫌われかねませんし(自分自身を売り込みたい人は別)。

その点、ブログはほとんどが検索から訪れて、じっくり記事を読んでくれた人だけが何らかのアプローチをしてこられます。

ブログやホームページで商品やサービスを提供している場合は、SNS経由のアクセスからよりも検索サイトからのコンバージョン率(アクセス数に対するアクション率)はかなり高くなるのが普通です。

なぜなら、SNS経由の場合は不特定多数の人が、目的がはっきししないまま訪れますが、キーワード検索で訪れた方は目的が明確なので、当然アプローチしてこられる可能性が飛躍的に上がります。

自分発信型メディアは簡単ではない

自分発信型メディア最高!』と言っておきながら何ですが、自分発信メディアって実はそんなに簡単ではないです。

というのも、特に最初の数ヶ月はブログの記事を書いても全くアクセス数も増えません。

良い記事、悪い記事というのは関係ないです。

最初の頃はグーグルに全く信用されていません。

下手すると1年以上鳴かず飛ばずのこともあります。

そこをどう乗り越えるかがブログを大きく育てられるかどうかのカギとなります。

目的はあくまでもユーザーにとって良い情報やサービスを提供することなので、その点を『絶対に忘れずに』継続すると必ず最後には結果はついてくると私は信じています。

ご参考まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする