WordPressをローカルサーバー環境でテストする Windows編

WordPressでブログを書く際に便利な方法を書いています。

今回はWordPress(ワードプレス)をローカル環境で動かしてみます。

プラグインの動作確認やテーマの編集の際などに役に立ちます。

以前ならxamppが使いやすかったのですが、今は何やら設定が超面倒くさいです。

そういう理由で、今回は『InstantWP』を使います。

アンインストールする場合はファイルを削除するだけです。

InstantWPの使い方

  1. InstantWPをダウンロード
  2. ダウンロードしたらインストールします。
  3. アプリケーションを開く
  4. 管理画面に入る

まずは以下のサイトから最新バージョンをダウンロードします

http://www.instantwp.com/

2.ダウンロードしたらインストールします。

インストールしたら以下のファイルが表示されるので、ファイルを展開します。

3.アプリケーションを開く

InstantWPを押すと以下の画面が表示されます。

左上の『WordPress Frontpage』をクリックすると既にサンプルページがインストールされています。

4.管理画面に入る

ユーザー名はadmin パスワードはpasswordでログイン可能です。

後はサーバー上で行う方法とまったく同じです。

動作テストの環境が簡単に出来てしまいました。

複数サイトをローカルサーバーでテストする

ちなみに複数のサイトをテストしたい場合は、以下のとおりです。

  1. WordPressのホームページからWordPressの本体をダウンロード。
  2. フォルダ名任意のものに変更。
  3. iwpserver→htdocs以下にファイルを配置。
  4. 通常の方法でWordPressをインストールする。

以上です。

非常に簡単なので試してみられてください。

Windows版での説明でした。

Macの場合はBetaバージョンの『InstantWP-5.0.0-rc5 for macOS』をインストールすることになります(2017年2月現在)。私は試していないので、ご自身の責任のもとにご利用下さい。

Envato Marketのアカウントの作り方・使い方・購入方法など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする